アントレプレナーシップ教育、通称「アントレ」は、「吉賀町の人々と共に、吉賀町の未来を創る」活動をとおして、「自分自身や地域社会の未来を創る力を身につける」ための授業です。「アントレプレナーシップ」とは、「起業家の精神」、すなわち「無から有を創り出す人の精神」を意味します。

吉賀町を舞台に、地域の人々や都会の大学生と協働して「現実の社会を動かす」試みにチャレンジします。「小さな町の小さな学校」だからこそできる、エキサイティングな学びです。

1年次:アントレプレナーシップ教育Ⅰ 【課題発見期】

 

1年次は、吉賀町の探究をとおして「課題を発見する」時期です。活動の目玉は、東京の大学生とチームを組んで行う、吉賀町と東京、二つのフィールドの探究です。大学生と共に現地を巡り、調査や取材を重ねながら、吉賀町の未来像を構想していきます。こうしたドキドキワクワクの経験の中で、「主体的・対話的で深い学び」や「習得-活用-探究」の基礎を身につけ、他教科の学びへとつなげることも、アントレの目的の一つです。

   1年アントレ

 

2年次:アントレプレナーシップ教育Ⅱ 【課題解決期】

 

2年次は、実際に「吉賀町の未来を創る」プロジェクトに着手し、「課題の解決」に挑む時期です。グループの構想に応じて吉賀町の様々な分野の方とチームを組み、現実の社会に変化を起こすべく、アクティブに活動します。開発した新名物を商品化したり、新たな事業や企画を実現したり、構想したビジネスプランをひっさげてコンテストに出場したりと、全身をフルに使って未来創りにチャレンジしていきます。

2年アントレ

 

3年次:アントレプレナーシップ教育Ⅲ 【課題発展期】

 

3年次は、これまで培ってきたアントレ力を発揮し、自らの進路実現に向かって、個々に「課題を発展させていく」時期です。

地域の大人や都会の大学生と重ねた思考実験やディスカッション。自分達が構想したビジョンを実現していくプロセス。様々な人を相手に場数を踏んだプレゼンテーション。2年間、夢と現実の狭間で闘いながら、生々しい思考・判断・表現を積み重ねて培ってきたアントレ力を、教科学習や進路実現のための学習、部活、日常生活へと発展させ、様々な課題を発見・解決しながら、自分自身の未来を創っていきます。

3年生

 

   

 

「キャリア教育成果発表会」のお知らせ

アントレプレナーシップ教育や、本校キャリア教育の1年間の集大成としての「キャリア教育成果発表会」を、下記の日程で開催します。入場無料です。

吉高生が学び、挑戦した1年間の成長の軌跡を、ポスターセッションやプレゼンテーションでお送りします。多くの方のご来場をお待ちしています。

 

日程:令和3年2月12日(金)午後

場所:吉賀町六日市体育館 

 

昨年度の様子の詳細につきましては、「キャリア教育報告集」をご覧ください。

 

※なお、翌13日(土)は吉賀町教育委員会主催の「サクラマスプロジェクトフォーラム」が、同じ六日市体育館で開催されます。吉賀町の教育や未来について、ゲスト、町民、中高生といった多士済々のプレゼンテーションやシンポジウムによって語られる熱気あふれるイベントです。こちらにもぜひご来場ください。